輪編みのフレーミングペンダント

ワイヤークロッシェーLESSON4 ギャラリー(ワイヤークロッシェ)

これは、楽習フォーラムさんのワイヤーレース・ジュエリー認定講座:LESSON4で作った作品です。

クロッシェのテクニック的には、難しい部分はありません。鎖編みと細編み、すじ編みが出来ればあっという間に(?)仕上がります。

その上、ワイヤーなので、編み上がった後にビーズの位置や向きを多少いじることも出来、思うような形にすることまでできてしまうので、とても楽しかったです。

そう、編むという作業までは・・・・・、

 

この作品は、ワイヤークロッシェの大変さを初めて知った作品でした

どういうことかというと、本体部分が出来上がって、カボションを包み込んだ後、かぎ針編みでは絶対に出てこない作業があったのです。

ワイヤークロッシェーLESSON4

写真を見ていただくと気づくと思うのですが、カボションが、スエード調のリボンとつながっている部分に渦巻きがあります。それも二つ。

これが、ひつじのまーこには難しかった・・・・

何となく渦巻にはなるのですが、

綺麗にそろわない!
円形にならない!
平らにならない!

しかも、気づきましたか? リングもあり、そこにも渦巻きが4つもあるんです。

このリングは、課題作品ではないので、作らなくてもいいのですが、せっかくセットになるようにキッドが売っているなら、作ってみたくなるものです。

当然のようにチャレンジしてみました。

そして、一番、時間を掛けて渦巻きを作りました。本当、苦労しました。

でも、この渦巻、ワイヤーの端の始末を兼ねています。初心者にはありがちな、端の始末が悪くて、洋服や皮膚を引っかけてしまうなんて心配をしなくて済むのです。だから、是非ともマスターした方がいいテクニックなんです。

 

これだけ苦労して作ったこれらの作品、アクセサリー特にリングを身に着ける習慣のないひつじのまーこは、ずっと引き出しの奥にしまっておきました。

今ですか? 写真撮影を終えた後、すべて分解して、部品として、やはり引き出しに入っています。