梅のモチーフの最後ーピコットつなぎ(2)

梅のモチーフ 基礎知識(タティングレース)
ホアン
ホアン

5つ目のリングの最後、どうやって1つ目のリングとつなぐの?

頑張っても、ピコットが左手の糸の上に乗らないよォ!

まーこ
まーこ

まだ、教えてないけど、もう一つのやり方があるんだよ。

ホアン
ホアン

最初に教えてくれればいいじゃん!

まーこ
まーこ

そうすると、混乱してできなくなるくせに・・・

 

ピコットつなぎ(2)

前回紹介した方法では、ピコットつなぎが出来ない場合があります。

つなぎたいピコットが右に来ていて、作ろうとしているスペースが狭く、閉じているときです。具体的には、リングだけで作られている円形モチーフの最後のリングを最初のリングにつなぐ時です。

このような時は、今から紹介する方法で、つないでください。

「ピコットつなぎ(2)」のやり方

1.最初のリングを裏返して、左手の糸の近くに持ってきます

最初のリングを裏返す

写真の矢印のように、リングを下から手前に持ち上げるようにして裏返して、左手の糸の近くまで持ってきます。

2.つなぎたいピコットに、向こう側からかぎ針を刺します

向こう側からかぎ針を入れる

感覚的には、かぎ針を自分に突き刺すような感じです。先端恐怖症の人には、ちょっとハードルの高さを感じる作業かもしれません。

かぎ針を刺す方向を間違えると、ピコットつなぎが成功しません。絶対に間違えないようにしてください。

3.かぎ針をまわします

かぎ針をまわす

かぎ針の先端を上に向けて、さらに向こう側に倒すようにしてかぎ針をまわします。持ち手部分は手前側に引っ張るような感じになります。

ピコットを中心に、かぎ針が半回転します。

この回転の方向が間違ってしまうと、ピコットつなぎが成功しませんから、この動きはマスターしてください。

4.左手の糸をかぎ針ですくい、ピコットから引き出します

左手の糸を掛ける

ピコットがねじれていますが、作業自体は、通常のピコットつなぎの時と同じです。

5.引き出した輪に、シャトルを通す

シャトルを通す

これも、通常のピコットつなぎと同じ作業です。

シャトルを引き出した後、「左手の糸を引いて、他の目と同じ大きさになるようにする」というのも、同じです。

6.「裏の半目」を作り、ピコットつなぎ終了

これも、通常のピコットつなぎと同じ作業です。

確認する

1~3までの工程以外は、通常のピコットつなぎと同様です。

が、最初のリングを裏返したり、かぎ針をまわしたりして、つなぐ部分を強引にねじってつないでいるため、慣れるまでは、思わないところでミスをしている可能性があります。ですから、確認作業が必須なのですが・・・

残念ながら、正しくピコットつなぎが出来たかどうか、すぐに確認できません

絶対にできないわけではないのですが、確認した後に残りの目を作ろうとした時に、初心者は、左手の糸の掛け方や、どの方向に目を作っていっていいのかわからなくなってしまいがちなので、まだ作らなければいけない目がある時に確認するのは、あまりお勧めしません。

 

リングを完成させてから確認するのが普通ですが、リングを引き締めてしまうと失敗した時に、このリングをほどくのがまた一苦労・・・

なので、(あとで紹介する動画では、糸を引き締めてから確認していますが、)初心者のうちは、リングの最後の目まで作って、糸を引き締める前に確認するといいかもしれません

 

確認してみて、他のピコットつなぎと同じように、2本の糸が平行に渡っていれば、ピコットつなぎ成功です

2本の糸がクロスしていたら、1~3の工程で、ミスをしていると思われるので、解いてもう一度やり直しましょう。


以上の説明を、動画にしてみました。

かぎ針の動きなどを確認するのに使ってみてください。


あとがき

これで、梅のモチーフが完成です。

順番的には、チェインとリングを続けて作る方法を紹介すべきですが、先に糸始末について説明していこうと思っています。

そうしないと、せっかく作った梅のモチーフが締まりのない形で、忘れ去られそうなので・・・・