タティングレースー中心の結び方

シャトル横-穴 基礎知識(タティングレース)
まーこ
まーこ

今日からしばらく、タティングレースを取り上げようと思っているんだけど・・・、

ホアン
ホアン

貴婦人のレース、貴婦人のレース♡💛♥

ホアンも貴婦人になれるんだねぇ。

まーこ
まーこ

そっ、それは・・・・無理!

シャトルに糸をつけよう!

タティングレースをするためには、まず、シャトルに糸をつけないと始まりません。

ので、今日は、糸のつけ方を説明いたします。

どこにつけるの?

シャトルを、横から覗いてみてください。

すると、こんな風に・・・

シャトル横-穴

穴があいているのを確認できると思います。

糸をつけるのは、ここです。

そこそこ、大きい穴なので、普通のレース糸であれば針などを使わなくても通すことが出来ます。

つけ方

穴に糸を通す

まず、先ほどの穴に糸を通しましょう。

シャトルのどちら側から通しても構いませんし、シャトルの上下も問いません。

ただ、通せばいいです。

糸端と玉の糸を同じところにもってくる

通し終わった状態は、このようになっているはずです。

シャトルに糸を通し終わった状態

シャトルの上の糸が、糸端。シャトルの下の糸が玉の糸になっています。

この状態から、上の糸を矢印の方向にまわして・・・

シャトル-糸を揃えた状態

このような状態にします。

結ぶ

糸端の糸を、玉の糸のを通して右端に出します

そして、Uターンさせるように左端に持っていきますが、今度はを通して移動させます

シャトル-結び糸の動き

そして、出来た輪の下から糸端を出して、結びます。

シャトル-結び糸の出し方

結んだままだと、緩い状態なので、玉の糸を引っ張って、結び目をシャトルの中心に移動させておきましょう。

動画でチェック

文字と写真だけの説明ではわからなかった、という方は、動画でチェックしてみてください。

何故、この結び?

「糸を結びつけるだけなら、別にこの方法じゃなくてもいいんじゃないの? 難しいし・・・」

そう感じた方もいらっしゃるでしょう。

でも、この方法が望ましいです。

というのは、

この方法で糸をつけておけば、シャトルに巻いた糸がなくなった時に、ハサミを取り出さなくても糸を外すことが出来るからです。

結び目は、シャトルの中心にあるので、ハサミで切るのは結構、至難の業。必死で切ろうとしている間に、シャトルの真ん中に傷をつけてしまうこともあります。

ハサミなしで、結び目が外れてくれれば、ありがたい。

という訳で、この結び方が推奨されているのです。

 

では、どのように外せばいいのかというと、

先ほど、結び終わった時に、玉の糸を引いて結び目をシャトルの中心に移動させましたよね。

この動きを、移動させた後も繰り返すと・・・、

あら、不思議!

結び目がほどけて、糸が外れます。

 

理由を説明することも出来ますが、「あら、不思議!」って思っている方がなんか気分が上がりませんか?

 

とにかく、この結び方を是非、覚えて使ってみてくださいね。