チェインを作ろう!(1)

ホアン
ホアン

チェイン、って何?

まーこ
まーこ

紐のような形に作ったもののことだよ。

これの作り方から練習すると、わかりやすいと思うよ。

ホアン
ホアン

そうなんだぁ。

じゃあ、早速、作りたいな

チェインの作り方(1)

タティングレースの一番の問題は、「最初が最も難しい」ところです。

手に糸を掛けるところも、編み物に慣れた人には難しく感じられますし、何より、結びがうまくできません。

ちょっとしたコツを覚えてしまえば、なんということはないのですが、そのコツを覚えるのが、至難の業で・・・

2色の糸を用意

「ちょっとしたコツ」を覚えるためには、2色の糸でチェインを作ってみるのがいいと、ひつじのまーこは思っているので、まず、

1.2色の糸を用意してください。

慣れないうちは、少し太めのレース糸(18~20番のレース糸)を使うといいでしょう。

 

2.用意した2色のうち、1色だけ、シャトルに巻いてください

巻き方がわからない方は前回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

3.この2色の糸を、引き揃えて結びます

2色の糸を結ぶ

今回は練習なので、糸端の長さは気にしなくて大丈夫なので、端から好きなところで結んでくださいね。

※ 作品を制作する時、チェインから始める場合は、糸端の長さは気にしてくださいね。糸始末のためには、15~20㎝程度は必要ですよ。

糸を手にかける

糸準備が出来たら、糸を手にかけていきましょう。

まず、

1.結び目を左手の親指と人差し指で持ちます。

結び目を持つ

編み物に親しんでいる人は、ここで違和感を覚えます(ひつじのまーこもそうでした)。編み物やクンストレースをする時は、人差し指を立てて、編地は親指と中指で持つからです。

でも、タティングレースは親指と人差し指で持ってください!

貴婦人のように、親指と人差し指で、しとやかにつまみます。だって、貴婦人のレースですから・・・

 

2.玉の糸を中指と薬指の外側を通し、薬指と小指の間を通して手のひら側に出します

糸の掛け方

 

3.そして、小指に巻きます

小指に巻く巻く回数は、好みで決めて大丈夫です。ひつじのまーこは1巻だけしていますが、2~3巻きしている人もいます。でも、あまり巻きすぎると小指の先が紫色になってしまいますよ。

 

ここまでの、工程を動画にしました。が、カメラのバッテリーの調子が悪いため、三脚が使えず、左手に糸を掛けたときの全体像を撮影できていないため、ちょっと、わかりにくいかも・・・

それでも、構わなければ、ご覧ください。


あとがき

これで、チェインを作る態勢が出来上がりました。書きませんでしたが、もちろん右手にシャトルを持ってくださっていますよね。

今回、表の半目まで書きたかったのですが・・・

次回、説明いたします。