ビーズステッチとは

ビーズステッチーイメージ画像 テクニック(ビーズステッチ)

ビーズステッチって、何?

簡単に言ってしまえば、

ビーズステッチとは、針を使って、ビーズを編みこんでいくもの

です。

 

歴史は古く、紀元前1500年頃から制作され、世界各地で様々な編み方が生み出されてきたようです。

 

アメリカでは、”Off Loom”と呼ばれた時期もあったようですが、今では”Bead Stitching”、”Beading Stitches“と呼ばれているようです。(ですから、洋書を求めるときに”Off Loom”とあったら、新しいハンドメイドではなく、ビーズステッチの本だと思って間違いないということです

ビーズステッチの長所

ビーズアクセサリーに興味がある人なら、テグスを使ってアクセサリーを作ったことがあるかもしれません。

ひつじのまーこも、作りました。

でも、性に合わずに辞めてしまいました。

テグスはハリがあるので、ビーズと仲良くしてくれません! しかも、同じビーズに何度もテグスを通すと、そのハリも損なわれ、通しにくくなります!

 

その点、ビーズステッチは優秀です。

ナイロン製とはいえ、細い糸なのでビーズに沿ってくれます

しかも針も糸も細いので、穴の小さいビーズに何度となく通すことが出来ます

また、様々なステッチ(編み方)があるので、色々な風合いの作品を作ることが出来ます

そして、(ビーズステッチに限ったことではないのですが)ビーズには様々な種類があるので、その組み合わせによっても、印象の違う作品を作り出せるのです

 

少しまとめておきましょう。

ビーズステッチの良い点は、

  1. 糸がビーズに沿ってくれるので、作りやすい
  2. 針と糸が細いので、同じビーズに糸を通すのが比較的楽にできる
  3. ステッチの種類が多いので、様々な模様を編める
  4. ビーズの種類が多いので、色々な印象の作品を作ることができる

ことです。

 

短所も上げた方がいいですか?

ひつじのまーこは、ビーズステッチが好きなので、気にならないのですが、「細かい作業の繰り返しが苦痛」と言ってのを聞いたことがあります。

それ以外は・・・、わかりません。もし、あったら教えてくださいね。

ステッチの種類

ビーズステッチには、様々なステッチがあると言いました。が、ひつじのまーこは楽習フォーラムの講師資格しかもっていないですし、それほど勤勉ではないので、6種類しか説明することが出来ません。

  • ペヨーテステッチ
  • デージーチェーン
  • ヘリンボーンステッチ
  • ネッティング
  • ブリックステッチ
  • ライトアングルウィーブ

の6種類です。

それぞれのステッチの特徴や編み方については、後日、改めて説明いたします。ので、今回は、名前だけ覚えておいてくださいね。


あとがき

今回は、本当に軽くビーズステッチのことを書いておきました。

ビーズステッチに興味のある方は、おそらくすでに知っているような内容だったかと思いますが…。

今後は、もう少し、実のある話をしていきたいと思っています(意気込みだけで終わりそうで、正直、怖いですが・・・)