フレンチカントリー風キッチン

ダイソー・キットのビフォーアフター ミニチュアハウス

ダイソーで、購入した『WOODEN PUZZLE/キッチン』をフレンチカントリー風にアレンジしてみました。

色塗り

一度組立てたものを、外して、色を塗りました。

フレンチカントリー風を目指したので、テーブルなどの天板は少し濃いめのメープルで、側面や脚はくすんだブルーで塗ってみました。

部品に色を塗ったところ

組立て方がはめ込み式で、脚の一部が天板に出てきたりするので、ちょっとだけ頭を使って塗ってみましたが、やはり完璧には塗れませんでした。なので、再度組立てた後に、もう一度塗りなおした部分もあります。

オリジナル部品

棚(カウンター)の扉や、テーブル下の引き出しは、枠が書かれているだけで、開きませんし、段差もないので、色を塗ってしまうとほぼ消えてしまいます。

なので、せめて、扉や引出しの取っ手を目立たせようと、部品を作ってみました。

扉の取っ手は、黒い針金と黒い丸小ビーズで作り、JW-CADで描いた紙製の丁番を貼りました。

オリジナル部品1

テーブルの引き出しの取っ手も、JW-CADで描いて貼りました。

オリジナル部品2

JW-CADで描いた部品は、紙に印刷した時はとっても素敵だったのですが、ひつじのまーこはカッターの扱いが下手なのでイメージ通りとはいきませんでした。

修正

100円なので、致し方ないのですが、

脚をはめ込む穴は楕円形。

はめ込む脚は長方形。

なので、もともと、綺麗に、はまりません。なのに、色を塗ってしまったので、絶望的な程、はまらなくなってしまいました。仕方ないので、棒状のヤスリで削りまくって、何とか、部品をはめ込みました。

装飾品

そのままでも充分だと思ったのですが、ちょっと、装飾品を作ってみました。

布製のランチョンマット4枚と、座布団。

また、棚(カウンター)の上部に、ペラペラの鉢植えを差し込む穴が空いていて、ここに、その部品をはめ込みたくなかったし、穴が空いたままっていうのも気に入らなかったので、タイルが張ってあるかのようにしてみました。

タイル調?

詳しいやり方は、動画をご覧ください。

DAISO『WOODEN PUZZLE/kitchen』をフレンチカントリー風にアレンジしてみた
ダイソーで購入した『WOODEN PUZZLE/キッチン』をそのまま作っただけだとつまらなかったので、アレンジしてみました。フレンチカントリー風を目指しましたが、いかがでしょう?今回の動画に関する記事は、こちら→