ミニチュアキット『M18』を作りました

ミニチュアハウス

CUTE BEEのミニチュアキット:M18を作りました。

ブルーを基調にしたインテリアなので、ひつじのまーこは個人的に「ブルーハウス」と呼んでいました。

説明書がとっても親切!

英語の説明書がついているのですが、どう見ても、今まで作ってきた中国製のキット。

きっと、説明書もいろいろ突っ込みたくなるような出来だろうと、思っていたのですが、いい意味で予想を裏切ってくれました。

板のあわせ方、布にどのように型紙を配置するか、まで書かれていて、説明書通りに作っていけば、初心者でも間違わずに出来る、という感じでした。

壁が・・・透明?

ミニチュアハウスは飾って、全ての部屋が見えることが重要だからでしょうけど、壁が全て透明のプラスチックの板!

なので、全ての部屋がオープン状態。

自分の作ったものを見渡せるのはうれしいのですが、シャワールームやトイレの仕切り壁も透明の板だったり、なかったりするのはどうかと思います。

出来上がったものを見て、この家だけには住みたくない、と思ってしまいます。

やっぱり突っ込みどころが・・・

子供部屋と思われる部屋に、2段ベッドがあります。その上のベッドに昇るための梯子の下は、トイレとを仕切る透明の壁に接していて、たぶん、登れません。

子供部屋の書棚の下のとびら付きの収納の前に、デスクが置かれているので、たぶん扉は開きません。

シャワールームの壁は、隙間があって、水が漏れ放題だと思われます。

狭い空間に、様々なものを詰め込んであるので致し方ないかと思いますが・・・これらの不都合に気づくと、性格の悪いひつじのまーこは、なんか楽しくなってきます。また、作って突っ込みどころを探してみたい衝動を感じてしまいます。

なんか、キット製作者の罠にはまっているような気がします。

動画もご覧ください

例のごとく、撮影をして、You Tubeに動画をアップしました。

興味はないかもしれませんが、良かったらご覧になってくださいね。

このキットにチャレンジしてみたい方は

 


あとがき

レースをやろうと思いながらも、やっぱりミニチュアが気になってしまいました。

しばらくは、このミニチュア熱が下がりそうもないので、ミニチュアにい関する記事が続きそうです。

レースファンの皆様、ゴメンナサイ。