ミニチュアキット『幸福劇場』を作りました

ミニチュアハウス

先月作ったばかりのミニチュアキットを紹介します。中国製のキットで中国語では『幸福劇場』となっていました。うまく訳すことが出来なかったので、勝手に『ピアノルーム』と呼んでいます。

あっという間に出来ました!

ひつじのまーこが、ミニチュアキット製作に慣れたためだけではないと思いますが、このキット、3時間弱で出来ました。

作るパーツの数も家具類は5つ。植物も3つだけ。その他小物としては、本と牛乳パックがあるだけです。

作り方の説明文は、中国語なので、抵抗感は多少ありますが、ひつじのまーこはこれまでさんざん中国語の説明文と格闘してきたし、工程自体も難しくないし、何より写真が見やすいので、楽勝!って感じでした。

箱の蓋に描かれた絵が・・・・

このキットの特徴は、缶BOXを部屋に見立てて飾るタイプ。

でも、なぜかフタが床という設定なので、フタに描かれている絵が見えないのです。結構かわいらしい絵が描かれていたのに、ちょっと残念・・・

せめて、缶を閉じて部品類をしまえます、という感じになっているなら、閉じている間だけでも絵を楽しめるのですが、グランドピアノがどう頑張ってもしまうことが出来ない。つまり、缶を閉じることはないってことですよね? となると、やっぱり絵は・・・・

ちょっと残念なところでした。

大きさに無理がないかい?

作っているときは夢中だったので、気づかなかったのですが、

ピアノに対して、本棚が大きすぎる!

本棚の引き出しに見える部分に、電飾用のスイッチを入れるため致し方ないのかもしれませんが、ピアノの倍の幅と高さの棚って・・・・どうなの? しかも、棚は3段しかないため、そこに入っている本は、ピアノの幅の3分の2ぐらいの大きさになっている!

う~ん・・・

でもね、それらの本棚が、ピアノより手前にあるなら、わかるのよ。遠近法ってヤツを使って居るためね、って理解することも出来るのよ。

実際は、ピアノの奥に設置されている本棚・・・

考えるのをやめることにしました。

楽しく、できます!

ひつじのまーこがせっかちなためかもしれませんが、数時間から1日ぐらいで完成するキットはちょっとうれしいです。

こういうキットは、ペタペタと張り合わせて、ちょこっと切って、丸めたりして、ビーズに刺し込んだりして、あっという間に出来ます。テクニックがなくても、綺麗に仕上がります。

だから、楽しい!と思っているうちに終えることが出来るので、初心者にはお勧め!

でも、こんなのばかりやっていると、飽きてくるんだろうけど・・・・

動画も見てね!

大したことはやっていないのですが、動画も、一応、撮影し編集してみました。

良かったら、ご覧ください。


あとがき

3回連続でミニチュアキットの話ばかりしてしまったので、次回からは、ヘアピンレースの話をしていこうと思っています。

でも、気まぐれなひつじのまーこなので、急遽変更してしまうかもしれませんが・・