「ねじり目」の編み方

基礎知識(クンストレース)
ホアン
ホアン

これ ねじり目の記号 って、なぁに?

まーこ
まーこ

「ねじり目」だよ。

ホアン
ホアン

ねじる・・・、の?

まーこ
まーこ

結果的に、ね💛

ねじり目

ひつじのまーこは、編み図に「ねじり目」があると、ちょっと気分が上がります。

ひつじのまーこにとって、「ねじり目」は普通の表編みよりも、ちょっと編みやすいからです。

記号

ホアンが見せてくれた記号 ねじり目の記号 が、「ねじり目」を表しています。

この記号は、編み上がった形を表現しています。「ねじり目」の写真

あまりいい写真ではないですが・・・、「ねじり目」の写真です。

「ねじり目」は編み上がるとこんな感じになります。足元を見ると、2本の糸がクロスしていますよね。

記号と同じような形をしていると思いませんか?

編み方

「ねじり目」は、編む時に、ねじるという行為は必要ありません。針の入れ方を「表編み」と変えることで、結果的に編み上がった目がねじれるのが「ねじり目」です。

この説明が、????の方は、動画で確認してみてください。


あとがき

先ほど、「ねじり目」は普通の表編みよりも、編み易いと言いましたが、全員がそのように感じるかどうかは、はっきり言って疑問です。でも、

「表編み」は、右の針をから入れなければいけないため、編地や右手を少しねじるようにする必要がありますが、

「ねじり目」は、から針を入れればいいので、編地や右手をねじる必要がありません。

このちょっとした動きのあるなしで、編み易さが変わってくるのです。少なくとも、ひつじのまーこにとっては・・・、

皆さんがどのように感じられるかわかりませんが、是非、この機会に「ねじり目」をマスターしてくださいね。