小さなドイリーを編んでみよう-(5)

15段目の編み図 基礎知識(クンストレース)
ホアン
ホアン

15段目って、なんか、わけわからない・・・

まーこ
まーこ

この段だけ、かぎ針の編み図だからね。

実践ー小さなドイリー(5)

クンストレースの最後の段だけ、かぎ針の記号で表記されている場合が多いので、慣れないうちはちょっと戸惑うかもしれません。

基本は、細編みと鎖編みのコラボになっていますから、わかってしまえば、なんだぁ、という感じなんですけどね。

15段目

編み図の見方

15段目の編み図は、

15段目の編み図

こんな感じになっています。

+』は細編みを表し、『点線』は鎖編みを表しています。

※ 今回は、点線の横に『鎖編み10目』と書いておきましたが、編み図によっては点線と数字だけが描かれているだけのものもあります。その場合は、「鎖編みを数字の数だけ編みましょう」という意味になります。

 

編み図に従って、編んでいきますが、最初の細編みは注意が必要です。

編み図には描かれていませんが、必ず立ち上がりの鎖(1目)を編みます。これを編まないと、細編みが編めませんよ!

具体的な編み方

1.かぎ針を持ったら、段の最初の3目を取ります

※ 『取る』とは、編む時と同じように、目の左から針を入れて移すことです。

2.かぎ針に3目掛かった状態のまま、人差し指の糸を下から掛けて、
3.取った3目を抜きます。

すると、かぎ針に糸が1本かかった状態になっているはずです。そしたら、

4.再び人差し指の糸を下から掛けて抜きます(=鎖編み)。

※ これが『立ち上がりの鎖』です。

5.最初に取った3目にもう一度針を入れて、人差し指の糸を下から掛けて3目抜きます(=「細編み」の前半)。

かぎ針に糸が2本かかっている状態になります。

6.もう一度、人差し指の糸を下から掛けて、かぎ針に掛かっている2本を抜きます(=「細編み」の後半)。

これで、最初の『+』が編めたことになりますから、続けて、鎖編みをしていきます。

7.「人差し指の糸を下から掛けて抜く」を10回繰り返します。

次は、細編みです。今回は2目取って編んでいきましょう。

8.棒針に掛かっている目を2目取ります。
9.人差し指の糸を下から掛けて2目抜きます。

かぎ針に糸が2本掛かっている状態になるので、

10.もう一度人差し指の糸を下から掛けて、2本抜きます。

この後は、7~10番の工程を繰り返して、1周しましょう。ただし、8番の工程は、取る目数が、3目の時と2目の時があるので注意しながら編んでいってくださいね。

最後は・・・

1周まわると、鎖10目編み終わった状態になっているはずです。

この鎖を、最初の細編みにつなげば、終わりになります。

※ つなぎ方には、かぎ針を使う方法と、とじ針を使う方法があります。どちらの方法でも間違いではないのですが、初心者にはかぎ針を使う方法の方がわかりやすいでしょう。

最初の細編みに、針を入れて引き抜き編みをし、糸を切って、糸端を抜きましょう。

 

かぎ針を使い慣れている方には、難しいことはないと思いますが、初めてという方のために、動画も作ってみました。

文字だけの説明ではわからない方は、そちらの方も参考にしてみてください。


あとがき

とりあえず、編み終わったはずなので、次回は糸始末の仕方について説明していこうと思っています。