掛け目の編み方

基礎知識(クンストレース)
まーこ
まーこ

今日は、「掛け目」の編み方を覚えようか。

ホアン
ホアン

難しい?

まーこ
まーこ

ふふふふっ・・・・・どうかなぁ・・・

掛け目

「掛け目」の編み方は、実はとっても簡単!

その名の通り、『掛ける』だけ、です。

記号

掛け目の記号は『』です。

掛け目をすると、その部分だけ編地に穴があくので、この『〇』という記号は結構いい線いっていると思うのですが・・・(ひつじのまーこだけ?)

クンストレースでは結構、使うので、是非覚えてくださいね。

編み方

編み方は、とっても簡単です。

掛け目をするという指示のところに来たら、糸を掛けるだけ

左の棒針にかかっている目も、右の棒針の目も、一切触る必要はありません

一つだけ注意する点があるとしたら、

人差し指の糸を右から掛ける

という点だけです。

言葉の説明だけだとわかりにくい方は、動画で確認してください。

掛け目をした次の段はどう編むの?

掛け目をした段の次の段を編む時、他の目とは違う形をしている掛け目を、どのように編んだらいいのか初心者は迷ってしまうと思います。

が、何も深刻に考える必要はありません。

他の目と同じように、編んでしまえばいいのです。

クンストレースの場合は、模様編みをした段(奇数段)の次の段(偶数段)は表編みをするという暗黙のルールがあるので、

掛け目をしてできた目も、表編みをしてください

つまり、「目の左から針を入れて糸をかけて引き出し、左の棒針から抜いて」ください。この辺りも、一応動画に載せておきましたから、不安な方は確認してみてくださいね。


あとがき

簡単すぎて、なんか拍子抜けしてしまいましたか?

ひつじのまーこが初心者の頃、この簡単な掛け目の次の段の説明が度の本にも載っていなくて、とっても不安になった覚えがあります。

こんなことに不安を覚えるのはひつじのまーこだけかもしれませんが、今回、一応説明を加えておきました。当然のことだと感じていた方は、聞き流してくださいね。