ブレードをつなごう(7)-縁編みをしてからつなぐ方法その3

波状にまとめた例 基礎知識(ヘアピンレース)

前回、前々回の続きです。

ブレードに縁編みしてからつなぐ

数ループまとめて、鎖を根元にとめる

前回紹介した『数ループまとめて鎖でつなぐ』上記の方法の応用です。まとめたループを囲めるぐらいまで鎖を編み、ブレードの中心の細編み部分に細編みで留めます

数ループまとめて中心に編みとめたもの

【作り方】-エミーグランデで作った4cm幅のブレードの場合

1.ブレードの中心の根元から、鎖を6目(ループの高さ+1~2目)編みます

2.5ループ取って、細編み1目でまとめます

5ループ取って細編みを編んだところ

絶対ではないのですが、ループに通してある別糸と同じ方向にかぎ針を入れることをお勧めします。そうすると、程よい、ねじりが出来て綺麗です。(個人的意見ですが・・・)

3.「1」で編んだのと同じ数だけ鎖を編みます(今回は6目)

4.ブレードの中心に、細編み1目で編み止めます

ブレードの中心に編みとめる時に針を入れる位置

※正しい位置かどうかはわかりませんが、写真の矢印の先にある点辺りにひつじのまーこは入れています。

編みとめたところは、こんな感じになります。

ブレードの中心に編みとめ、鎖を編んだところ

5.「1」~「4」を繰り返します

最後は、ご想像通り、中心に編みとめたところで終わります。

これの動画も作成しようと思って、撮影はしたのですが、やはり、編みとめる時に針を入れる位置が間違っていたら申し訳ないので、公開はしないことにしました。
期待していた方々(いないと思うけど)、ゴメンナサイ。

波状にまとめる

数ループまとめて、細編みと鎖でつなぐ』方法の応用のような編み方です。細編みの間の鎖編みの数は一定にする一方で、まとめるループの数を変化させて波のようにうねらせます。

波状にまとめた例

【作り方】-「3ループ×4回、12ループ×1回。間の鎖は7目」の場合

1.3ループ取って細編み1目でまとめ、鎖編みを7目編みます。

ループをかぎ針に取る時は、ループに通してある別糸と同じ方向でとるようにするといいでしょう。

2.「1」をあと3回繰り返します。

3.12ループ取って細編み1目でまとめ、鎖編みを7目編みます。

取るループの数が多いので、ループを取る時にかぎ針を入れる方向が同じになるように注意しましょう。また、まとめるループの数が多いので細編みが緩まないように注意しましょう。

4.「1」~「3」をブレードの片側のループがなくなるまで繰り返します。

5.反対側のループは、「3ループ×4回」の部分と「12ループ×1回」の部分が逆になるように編んでいきます。

片側で12ループまとめた部分の反対側が3ループずつまとめたものが4個になるようにすることで、12ループまとめた細編みを中心にして放射線状に広がっているようになります。これが繰り返されるので、波のようにうねってくれるようになります。

必要ないかもと思ったのですが、動画も用意しました。


ブレードに縁編みをしてからつなぐ方法について3回にわたって解説してきましたが、今回で終了です。なので、これら縁編みをした後に、どのようにつないでいくのかについて簡単に説明しておきます。

基本的にはかぎ針編み(クロッシェレース)でモチーフをつなぐ時と同じやり方でつなぎます。

つなぐための糸を用意し、ブレードの縁編み部分に「引き抜き編み」「細編み」「長編み」「中長編み」などを1目編んでつなぎ、次のつなぎ部分までは鎖編みで移動する

のが、通常です。また、かぎ針を使いたくない場合は、

とじ針に糸を通して「千鳥かがり」「巻かがり」などで縫い付けていきます

もっと複雑な編み方をしたり、布に縫い付けたり、作りたいデザインによって様々な方法が考えられますし、この辺のデザインの仕方が作家さんの力の見せどころでもあります。なので、通常、テキストや市販の本を参考に作品を作っていく場合にはそれぞれ指示があるはずなので、この辺りの説明を端折ってしまいました。ご了承ください。


あとがき

ひつじのまーこは、個人的に「波状に編んだもの」こそがヘアピンレースの醍醐味と思っているので、作品をデザインする時は積極的に使ってしまいますが、他にも、調べていくと色々なやり方があるんですよね。ループを三つ編みしてみたり、格子状につないでみたり・・・興味のある方は調べてみてくださいね。