ブレードをつなごう(1)-ループ同士をつなぐ方法

組つなぎの写真 基礎知識(ヘアピンレース)

ブレードを何本か作ったら、これらをつないでいきましょう。

そうすると、細長いだけだったものの幅が広がり、マフラーやストール、ひざ掛けやマーガレットなど、用途が広がっていきます。

ブレードのつなぎ方

つなぎ方は、大きく分けて3種類あります。

  • ループ同士を絡ませてつなぐ方法
  • とじ針を使ってつなぐ方法
  • かぎ針を使って、クロッシェ(かぎ針編み)の技法を使ってつなぐ方法

これらについて、代表的なものを見ていきましょう。

ループ同士を絡ませてつなぐ方法

この方法は、㈶日本編物検定協会のテキストで『組つなぎ』と紹介されているやり方です。

かぎ針を入れなおさない方法

このやり方は、㈶日本手芸普及協会のテキストにも載っている方法です。

一回にすくうループは、1ループから可能で、この数によって雰囲気が変わってきます。

やり方

1.一つ目のブレードのループ(1ループ以上)にかぎ針を入れます。

ループにかぎ針を入れる時、(特別な理由がなければ)ループはねじらないようにします。別糸を通しているはずなので、その別糸と同じようにかぎ針を通すようにすれば、間違いないです。

ループにかぎ針を通す

2.続けて、もう一方のブレードのループ(1ループ以上)にもかぎ針を入れ、「1」で入れたループから引き出します。

引きぬき編みの要領で引き出すだけです。(特別な理由がなければ)ループをねじらないというのも、「1」と同様です。

3.一つ目のブレードの次のループ(1ループ以上)にかぎ針を入れ、「2」で引き出したループから引き出します。

4.「2」~「3」を繰り返します。

このやり方は、言葉で説明されるより、図や写真あるいは、動画で確認した方がわかりやすいと思います。

映りはイマイチですが、動画にもしてみました。上の説明の図だけではわからなかったら、そちらの方も、確認してみてくださいね。

かぎ針を入れなおす方法

ひつじのまーこの勉強不足で、このやり方は、今回初めて知りました。テキストの文章を見ながら、やろうと思ったのですが・・・理解できず・・・、一応、こんな感じなのかなぁとやってみたのですが、正しいのかどうか不明です。

ということで、間違ったことをお伝えしてしまっては申し訳ないので、詳しい説明は割愛します。ただ、テキストに載っている文章だけ、記しておきます。

・・・・端2・3ループにかぎ針を入れて、もう一方の編地の端の2・3ループを針にかけて引き抜きます。いったんループから針をはずして、向きをかえて針を入れかえ(ループがねじれないように)、次に片方の2・3ループを針にかけて引き抜きます。以上を繰り返して左右のループを組み合わせます。
《財団法人 日本編物検定協会:レース編物技能検定試験 受験の手引 3級.p.105》

どうしても知りたい方は、お近くの講師の方や、協会に問い合わせてみてください。

 


あとがき

今回紹介したつなぎ方は、やり方自体はすぐ覚えて、出来てしまうんだけど、つないでいる間に不安を覚える方法です。そう、最後をどうするのか、どのテキストにも書かれていないんです。(当たり前すぎるからかなぁ・・・・?)

最後のループが抜けてしまわないように、何らかの方法(ひつじのまーこは編み始めや編み終わりの糸で結んでおきます)で、とりあえず仮止めしておき、縁編みをする時や糸始末をする時に固定するようです。

テキストには書いていないので、正式かどうかわからないため『あとがき』に書いておきました。参考にしてみてください。