ヘアピンレース-編み方

浮いてるループ 基礎知識(ヘアピンレース)

いよいよ、編み方の説明に入ります。

といっても、始め方の動画を見るとそこそこ、編み方がわかるような気がするんだけど・・・

基本の編み方は細編み

ヘアピンレースは、「2本の棒の間に〇〇編みをする」もの、だとひつじのまーこは考えています。

初心者向けのテキストなどには、『2本の棒の真ん中で、細編みを』と書かれていますが、「真ん中」でなくてもいいですし、「細編み」でなくてもいいのです。

でも、あれもこれも、と取り入れてしまうと混乱するので、最初は簡易的に、『2本の間の真ん中で、細編みを』してヘアピン器具の扱い方をマスターすることを重視しているのだと思います。

だから、今回の記事では、この基本、『2本の間の真ん中で、細編みを』編む方法をお教えしますね。

やり方

1.浮いているループをかぎ針で、下から拾います。

浮いてるループ

黄緑の矢印で示した糸が浮いているループになります。写真では下のループが見えないのでわかりにくいかもしれませんが、明らかに他のループとは違っているので、実際に編んでいるとわかりますよ!

2.左手にかかっている糸をすくって、浮いているループから引き出します。

浮いてるループの下からかぎ針を入れる

かぎ針にかかっている糸からは引き出さないので、かぎ針に2つの輪がかかっている状態になります。

3.もう一度、左手の糸をすくって、今度はかぎ針にかかっている2つの輪から引き出します。

「2」~「3」の動作は、細編みを編むのと同じ動きです。

4.かぎ針の頭を下に向けて立て、ヘアピン器具を半回転させ、かぎ針を手前に倒して元に戻します。

5.「1」~「4」を繰り返します。

 

簡単・・・ですよね?

初めは、少し重いヘアピン器具を持って、宙に浮いたところに編んでいく作業が難しく感じるかもしれません。でも、10ループぐらい編み進んでいくと、細編みを編む部分も安定してきて、比較的楽に編めるようになっていきます。挫折しそうになる気持ちを、奮い立たせて、チャレンジしてみてください。

また、必要ないとは思ったのですが、一応、動画も用意してみました。ひつじのまーこのやる気のなさのためか、あまりできの良い動画ではないのですが、確認のつもりでご覧になってみてくださいね。


あとがき

「3」の工程でも触れましたが、最初に針を入れる場所が、浮いているループだという点を除けば、編んでいる工程(「2」~「3」)は細編みの編み方と同じなので、かぎ針編みやクロッシェレースをかじったことのある方は簡単に出来ると思います。が、ヘアピン器具を回したり、浮いている状態のところに編むという点が、やっぱりネックかなぁ・・・。