ヘアピンレースとは

ヘアピンレースーサンプル 基礎知識(ヘアピンレース)

ヘアピンレースって、何?

ヘアピンレースと聞くと、どんなものを思い浮かべますか?

ヘアピンで作るレース…
ヘアピンカーブのようにぐにゃっと曲がったレース…

では、説明いたしましょう。

ヘアピンレースって、どんなもの?

ヘアピンレースはその昔、髪にさすピンで作っていたと言われています。

「嘘でしょ?」と思いましたよね。ひつじのまーこも、初めて聞いた時は、「眉つばもの」と感じたのですが、数年前、ある雑誌に、ヘアピンに糸をかけ編んでいる途中の写真が載っていて、本当だったのだと実感いたしました。

もっとも、その写真も現代のもので、試しに編んでみただけのものなのかもしれませんが、その時確認をとらなかったので、今となってはわかりません。

まあ、ヘアピンレースについて解説されているテキスト類すべてに『髪のヘアピンを使って編み始めたことから、ヘアピンレースと呼ばれるようになった』と書かれているので、そうだと信じましょう。

ヘアピンレースの特徴

歴史などについて書いていきたいのですが、ヘアピンで作っていたという過去以外の情報がないので、今回は特徴について書いていきたいと思います。

特徴(1) 敷居が低い

ヘアピンレースは、他のレースと比べると、手軽に始められるレースです。

かぎ針編みさえできれば、特別なテクニックは必要ありません。

道具だって、ヘアピンでいいんですから、お手軽ですよね。

まあ、実際には、ヘアピン器具といわれる用具を使った方が便利にできますけど。(用具については日を改めて説明いたします)

特徴(2) 早くできる

ヘアピンレースブレードというものを作って、それをつなぎ合わせてより大きな作品に仕上げていきます。ヘアピンレースーサンプル

右の写真は、1本のブレードに縁編みをほどこしたものです。

ご覧になるとわかるかと思いますが、ブレード自体は、中心に細編みがされているだけで、細編みの両サイドはループ状に糸が渡っているだけです。

普通のかぎ針編みや、クロッシェレースでは、細編みを1目編むと、その目の大きさ分しかできませんが、ヘアピンレースは細編みを1目編むと、「細編みの大きさ+ループの幅」分の大きさが編めてしまうのです

だから、スイスイと編むことが出来ます。

ループの大きさを大きくすればするほど、太いブレードが編み上がります。

飽きっぽい人、気の短い人にはもってこいのレースだと思います。

特徴(3) 表情豊かな

編み上がったばかりのブレードは、編み目の両サイドにループが付いているだけの真っ直ぐな紐ですが、このループ部分をどのように処理するかによって、様々な表情を見せてくれます。

  • 上の写真のように、カーブを描き出すことも出来ます。(華麗な印象の作品になります)
  • 直線を生かした形でつなぐことも出来ます。(クールな印象の作品になります)
  • ループを絡めたり、三つ編みをしたりすることも出来ます。(立体的で個性的な作品になります)

そう、ヘアピンレースは、ブレードのつなぎ方次第で、華麗にもクールにも仕上げることが出来るのです。

 


あとがき

今回は、ヘアピンレースについて、ひつじのまーこが勝手に抱いている印象を、特徴という形で紹介してみました。

賛否両論あるとは思いますが、まあ、そんな考えもあるかなぁと捉えてくださると嬉しいです。