ヘアピンレースの道具

ヘアピンレースのイメージ画像 基礎知識(ヘアピンレース)
ホアン
ホアン

ヘアピンレースを作るためには、ヘアピンを用意しなくちゃいけないんだよね。どのくらいの大きさがいいの?

まーこ
まーこ

好きな大きさ、って言ってあげたいけど・・・。

今は、ヘアピン編み器があるから、ヘアピンはいらないよ。


ヘアピンレースの道具

ヘアピン編み器

ヘアピンレースを作るには、『ヘアピン』ではなく、『ヘアピン編み器が』必要です。もちろん、古の方々のようにヘアピンを使って作ってくださっても構いませんが…

今は様々な形の『ヘアピン編み器』が売られているので、どれを買ったらいいのか悩まれるのではないかと思われます。すべての編み器を網羅することはできませんが、ひつじのまーこが持っている二つの編み器について、使ってみた個人的な感想を、書いていきますね。

Clover ヘアピンレース編み器ークリップ式

ひつじのまーこが最初に購入して、愛用しているヘアピン編み器です。

クリップ部分に穴が開いていて、付属の金属の棒を差し込み、1cm刻みで2cm~8cmの幅のブレードを編むことができます。

金属の棒が3本入っているので、慣れないうちは、編む部分のガイドとして立てることも出来ます。(ほかのヘアピン編み器にはない機能です)

使い勝手は、

長さが短めに作られていて(おそらく使用している金属も違うので)、強度があります

また、

黄色いクリップを上にも、はめることが出来るのですが、編んでる途中ではめてみると、糸を強く張りすぎているかどうかチェックできます

初心者のうちは、糸を強く張りすぎ、ループがだんだん小さくなっていってしまいがちなので、最初のループと、最後のループの大きさが一目でわかるほど違ってしまうなんてことが起こります。それを事前に知ることが出来るので、結構、便利です。

更に、

棒の下の部分に穴があり、そこに別糸を通しておけば、ループを抜く時に自然に別糸がループに通ります

ループの向きがわからなくなってしまいがちな人には重宝します。(ひつじのまーこは別糸を通さないので必要のない機能ですが・・・)

でも、いい点ばかりではありません。

上下にプラスチック製のクリップのような部分があるので、重いです。

また、

棒の長さが短いので、少し長めのものを作ろうとすると、何度も何度もループを外し、これが絡まないように処理しなければいけないので面倒でもあります。

と、文句を言いながらも、ひつじのまーこはこのヘアピン編み器を愛用しています。

というのも、後で取り上げるヘアピン編み器が在庫切れで手に入らず、先生に「おもちゃみたいねぇ」と言われながらこの編み器を購入し、使い続けてしまったので、手に馴染んでしまったんでしょうねぇ。いいのか、悪いのか・・・、

ともかく、初心者には使いやすい編み器だと思いますよ。

クロバー ヘヤーピン編み器

名前に、時代を感じます。

ひつじのまーこが、レースの教室に通っていた頃の先輩たちが使っていたヘアピン編み器です。

5種類の幅(3cm、4cm、5cm、6cm、8cm)が入っていて、アルミ製。昔ながらの形です。

この編み器は軽いです

機能とは、関係のないことですが、

アルミ製のシンプルな作りが、何となくプロって感じがします。

また、

長さもあるので、少し長いブレードを作りたい時は重宝します。

ただ、この良い点が欠点でもあります。

「長さがあるにもかかわらず、軽い」作りにしているために少々強度が足りず、少し強めに糸を渡してしまうと、U字型の先が寄ってきてしまって、最初と最後のループの大きさが違ってきてしまうことがあります。

もっとも、力加減ができるようになれば、この点は問題にならなくなると思います。

ですが、構造上、避けられない欠点もあります。

長いものを作りたい時は、途中で作ったループを全部外し、最後の10ループほどを再び戻すという作業をしなければいけません。

これが結構面倒なのです。外すだけなら、大した手間ではないのですが、「最後の10ループほどを再び戻す」のが意外に手間取ります。

ノリノリで編んできた気分が、一気に沈んでしまうような感じです。ひつじのまーこにとっては…。

でも、教室で先輩たちが編んでいるのを「プロっぽくて素敵!」と眺めていたひつじのまーこにとっては、この編み器は憧れの一品! 売られているのを見つけるや否や購入し、ウキウキしながら使ったものです。

が、今は、クリップ式を愛用中、です。


とにかく、どちらの編み器も一長一短があるので、手に入るもの、で始めてみてください。

ちなみに、少し前に外国製のとっても安い編み器を見つけました
まだ、一度も編んでいない(というより袋から出してもいない)のですが、これはどうなんでしょう?
使ったことがある方がいらしたら、是非、ご意見を伺ってみたいです。

レース針・かぎ針

ヘアピンレースは、両サイドの棒に糸を掛け、中央で細編みなどを編んでいきます。ですから、レース針またはかぎ針が必要になります。

使う糸の太さに応じて、どの針を使うかを決めてください。

とじ針

糸始末のために使います。毛糸用のものでも大丈夫ですが、細いレース糸を使っている場合は、クロスステッチ用などの針先の丸い針で代用することも出来ます。

 


あとがき

クロッシェレースのような感覚でできるヘアピンレース。これを始めるには『ヘアピン編み器』が必要ですが、自作することも可能です。

ネットで調べると、針金ハンガーなどで自作されている方もみえるので、興味のある方は、探してみてくださいね。