フィレレースの糸始末

基礎知識(フィレレース)

フィレレースの糸始末の仕方は、大きく分けて2つあります。

一つは、フィレレースの編地の中に埋もれさせるように始末する方法、もう一つは、縁に入れ込む方法です。

順番に見ていきましょう。

編地に始末する方法

この方法を使う時は、円形に作っている時が多いと思います。

ネット部分を作っていきながら、網針に糸がなくなった時に、随時追加していく方法なので、いつでも、糸替えが出来て便利です

ただ、糸を変えたところのネットの糸が2重になってしまうので、少し太めの糸を使ったときなどは目立ってしまうという欠点もあります。

始末の仕方

1.新しい糸を、前の糸の最後の結び(図の茶色い点)の中に通し、その結びのすぐ左側(図の赤い丸のところ)で結びます。

※結び方は、本によって「ひと結び」とか、「しごき結び」とか書かれていますが、どちらの結び方でも構いません。前の糸の最後の結びのすぐ脇で結ぶことの方が重要なので、結び目がすぐ脇になるように結べるやり方で結んでください。

新しい糸を最後の結びに通す

2.新しい糸で続きを結んでいきます(図のオレンジの線)。

糸を替えてそのまま結んでいく

3.端まで行って、通常通り戻り、糸を変えたところに来たら前の糸の糸端を挟みこんで結び(図の赤い点)、その次の結び目のところで今結んでいる糸の糸端を挟みこんで結びます(図のピンクの点)。

つなぎ方の最終段階

※ 円形に作っている場合は、ピンクの点を先に結んでから赤い点を結ぶことになります。

4.糸端は、後で目立たないように切ります。

糸端を挟みながら結ぶのは、ちょっと難しいかもしれませんが、頑張ってみてください。

縁で始末する方法

こちらは、比較的簡単に出来ます。

が、網針に糸が残っていても、一段分の長さが足りなそうならその糸を諦めなければならないので、ちょっともったいない気がするかなぁ・・・

始末の仕方

1.端まで来たときに、1段分結ぶことが出来そうもない場合、新しい糸を用意して、端で前の糸と結び、糸替えをします。

2.ネットの縁を始末する時に、糸端を一緒に入れ込みます。この時、「1」で作った結び目の位置が偏っていたら、一度結び目をほどいて結び直してから始末するとよりきれいに仕上がります。

フィレレースの縁の始末の仕方

ここで、問題になるのは、フィレレースの縁をどのように始末するかです。

特に規定はないので、お好きなように・・・・始末してくださって構わないのですが、ニードルポイントレースのようにボタンホールステッチで始末することが多いように感じます。特に刺繍を施した場合などは・・・

ボタンホールステッチを使った始末の仕方

ボタンホールステッチを使った端の始末

刺繍をする時のように、ネットを枠などに張ってから、端の部分にボタンホールステッチを隙間なくかがっていきます。

この時、ネットの糸だけでは綺麗な縁にならないので、ボタンホールステッチをする糸と同じ糸を2本以上入れます。

通常は、縁の2倍の長さの糸を1本以上用意して半分に折り、ネットの糸に沿わせて一緒に巻き込んでいくようにしてかがっていきます。

縁を全部かがり終わったら、ネットの糸を切って、枠から離します。

枠から離すところ

かぎ針などを使って始末する方法

ボタンホールステッチが苦手な場合や、ネットの縁にゴージャスな感じを出したい時などはかぎ針を使って始末することも出来ます。

かぎ針のエジングの模様編みの本などを参考にして、ネットの縁に編んでいきます。

この時1段目だけは、細編みや長編みなどを隙間なく編むようにしてください。そうすれば、端に残った糸端を入れ込むことが出来ますし、ネットを作った結び目を隠すことも出来ます。

敢えて縁を始末しない方法

これは、作ったものを布などに縫い付ける場合に使われる方法です。

この方法をとった場合は、布に縫い付ける時に、糸端も一緒に縫い付けるようにすれば大丈夫。綺麗に糸始末が出来ます。


あとがき

フィレレースにそろそろ飽きてきた・・・という訳ではないのですが、今回は、あまり丁寧に説明をしませんでした。

今回の内容にちょっと自信がないから、なんですが・・・・

でも、きちんとフィレレースをやってみたいという人は、今回取り上げたところこそ、知りたかったんじゃないかなぁ。ゴメンナサイ。