フィレレースの結び方を覚えよう!

目板に糸がフィットしたところ 基礎知識(フィレレース)

前回は、網針に糸をつけて、巻くところまで説明しました。

今回は、実際に結ぶ作業を覚えましょうね。

結びの基礎

結び方

1.網針に巻いた糸の糸端を、くけ台にかけた輪の糸に、ひと結びします。今回は練習なので、糸端はほどけない程度の長さ(例えば5cm程)にします。この糸の輪を「引き輪」と呼びます。

この結んだところは、作るものによっては、ほどくこともあるのでかた結びにはしません。糸をクロスさせて1回だけ結べばOKです。

2.目板を用意して、今結んだところに沿えます。

この時、糸端の糸が目板の下、網針の糸が目板の上にくるように持ちます。

目板の置き方

3.網針の糸を手の平側から外側に向けて、左手の指先を一周させます。

左の手の平側から糸を回す

上の画像では、手がちょっと切れているのでわかりにくいかと思いますが、方向だけでも、確認してください。

一周させたら、左手の親指で軽く糸を挟み、動かないようにすると、輪が出来ます。

4.「3」で作った輪に、下というか、左から網針を入れ、同時に、引き輪(こて台に掛けた輪)にも下から網針を入れます

網針の入れ方

※ この時、左の親指と人差し指でおさえているところから始まって、網針で終わる輪が出来ているはずです。この輪が次の工程で大切になるので、初めての時は確認してくださいね。

5.網針を上方向に抜くと同時に、左手にかかっている輪を外し、代わりに「4」で作った輪に左手を入れます。そのまま、網針を上方向に引いていくと、目板にかかっている糸が少しずつ小さくなっていき、やがて、目板にピッタリとくっつく感じになります。

目板に糸がフィットしたところ

この時、新たに左手に通した輪の締まり具合を、左手の中指・薬指・小指を使って調節するのがポイントです。慣れないと難しいですが、頑張ってみてください。

6.糸が目板にフィットしたら、左手にかかっている輪を外して、結び目を引き締めます。

この時、左の親指と人差し指で、目板と引き輪の接しているところ(結び目を作るところ)をしっかり押さえるようにします。ここがずれると、目(ネット)が揃わなくなるからです。

7.「3」~「6」を繰り返します。

 

以上を、動画にしてあります。が、ひつじのまーこは撮影が下手で、肝心なところが写っていないような・・・

それでも、構わないなら、手つきなどを確認してみてください。結び方を本当に学びたい方は、本を参考にするのがいいかもしれません。(ひつじのまーこは自分の不甲斐なさに、本気で、落ち込んでしまいました)


あとがき

フィレレースの結び方は、初めてだとちょっと複雑に思えるかもしれませんが、慣れれば大丈夫。手元を見なくても、出来るようになっていきます。何せ、結び方はこれ一つしかないんですから・・・・

でも、様々な形状に作っていくことが出来るので、次回からは、その辺りの話をしていこうと思っています。