スタートは、鎖編み!

基礎知識(クロッシェレース)

レースの中で、一、二を争うくらいなじみ深いクロッシェレース。かぎ針編みって言われた方がピンとくるかもしれません。

今回から、しばらく、クロッシェレースについて取り上げていこうと思います。

鎖編みが出来ないと始まりません

クロッシェレースは、鎖編みが出来ないと始まりません。だから、まず、鎖編みのやり方を覚えましょう。

最初の目を作って、糸を掛けて、ループから引き出す。

言ってしまえば、これだけのことですが、超初心者には、この部分が引っかかるところ、だと思うので、動画にしてみました(言葉で説明するには限界があるので・・・)。やり方がわからない方、確認しておきたい方は、ご覧になってください。

より素敵な鎖編みをするためには、

鎖編みが出来たとしても、ちょっとした配慮をすると、よりきれいな鎖を編むことが出来ます。

まずは、かぎ針(レース針)の号数について。

最適なかぎ針(レース針)の号数

以前の記事で、糸とレース針の関係について書きましたが、ここで取り上げたいのはそのことではありません。

鎖編みをする場面は、2つあります。

  • 模様の中で編む
  • 作り目として編む

が、この両場面で同じ号数の針を使うと、綺麗に編むのが難しくなってしまうことがあります。もっと言うと、

「作り目として編む」場合、時には少し大きめの号数の針で編んだ方がいい時がある
のです。
どんな時かというと、作り目の鎖編みから目を拾って縦方向に編む時(平編みに編む時)です。
このように編む時、鎖(のループの一部)が上に引っ張られてしまうので、鎖編み部分の長さが短くなります。鎖の目をとばして編む場合はそれほどではありませんが、全目拾って編む場合は、扇のような形になってしまいます。なので、
平編みのための作り目として鎖編みを編む時は、1~2号太い針で鎖を編むようにしましょう。
クロッシェレースのための資料ではないですが、編み方によって、どのくらい太い針を使ったらいいか書かれている資料(日本ヴォーグ社『手あみのテクニックブック』)があるので、紹介しておきます。
模様の種類 作り目の号数(編地の号数との差)
長編み、細編み 2号太く
方眼編み 1号~2号弱太く
一般的な透かし模様 1号~2号太く
ネット編み 同じ~1号太く

最適なテンション

かぎ針やレース針に慣れ親しんだことのある方は、幸か不幸か、テンションを変えて編むことが出来ます。

柔らかい仕上がりにしたい時は、少し緩めに、カッチリと仕上げたい時はきつめに、というように編み分けられるのです。

このこと自体はとてもいいことですし、間違ってはいません。でも、いや、だからこそ、悩むのです。

クロッシェレースに相応しいテンションは・・・?」

かく言うひつじのまーこも、一緒に講義を受講していた仲間も、悩んでいました。クロッシェレースはゆったりと編んだ方が美しいのか、カッチリと編んだ方が美しいのか・・・

そこで、先生に尋ねてみました。

最初は、「好みよ!」とあまり取り合ってくれなかったのですが、最終的には、カチカチ音がするように編むのがgoodだとおっしゃってくださいました。

どういうことかというと、

針に糸を掛けて、ループから引きぬく時に、ループをくぐってくるかぎ針の頭がループの糸に引っかかって音を出すぐらいしっかりと糸を張る感じで編むのが理想

ということです。実際に手を動かしてチャレンジしてみてください。テンションを変えて編むことのできる方なら、多分すぐわかると思いますよ。(わからないという方は、先に紹介した動画の中(2:00辺り)で音を鳴らして編んでいるので、参考にしてみてくださいね。)

これは結構、きつめに編んでいる感じです。が、レース糸の特性のせいでしょうか?編み上がった鎖は思ったほどきつくはなりません。かと言って、針の頭が目に入れることが出来ないほどきつくないですし、目をとばしながら拾っても、ダラ~と糸が出てきて気になることもありません。まさに、goodなテンションです。

一度試してみてくださいね。


あとがき

いよいよ、クロッシェレースの解説に入りました。メジャーなレースだけに、色んな情報もあり、お伝えしたいこともたくさんあるのですが、ひつじのまーこの気力は持つのでしょうか???

自信ないので、あまり期待せずに読んでみてくださいね。