目の拾い方

半目と裏山の2本を拾う 基礎知識(クロッシェレース)

作り目を作り終えました。いよいよ、1段目に入ります!・・・が、・・・

(※今回も、参考にした書籍のうち、Amazonで購入できるものは、最後にリンクがあります)

鎖のどこに針を入れるの?

鎖編みの目をよ~く見てみると、3本の糸で作られていつことがわかります。

「ハの字」と言われる2本の下に、隣の鎖とつながっている1本が隠れています。

鎖編み

さて、この鎖に針を入れる時、どこに入れたらいいのでしょうか?

鎖の上側の半目と、裏側の山を一緒に拾う

上の写真のハの字を割るように針を入れ、裏山と共に拾います。

半目と裏山の2本を拾う

拾った目が伸びにくいので、穴があきにくい。

このため、『レースあみ はじめての人にもよくわかる基礎の本』(日本ヴォーグ社)では、この方法だけが載っています。

でも、欠点がないわけではありません。

太い糸だと、多少ごろつく。

と言われています。

ちなみに、ひつじのまーこはこの方法を出来るだけ避けます。他の方法に馴染んでからこの方法を試すようになったので、苦手なのです。だって、ハの字を割って拾うから、鎖の形が崩れて、どこが次のハの字かわからなくなってしまうんです! 多分慣れれば、大した問題じゃないんでしょうけどね。

この方法で、拾って細編みを編んでみると、こんな感じになります。

ハの字と裏山を拾った時

鎖の上側の半目だけ拾う

上の写真のハの字を割るように針を入れ、上側の糸だけを拾います。

鎖の半目だけ拾う

写真を見るとわかると思いますが、

とても簡単に拾うことが出来ます。

だから、初心者も間違わずに拾える方法だと紹介されています。ただ、1本だけしか拾っていないので、

目が伸びやすい(=穴があきやすい)。
です。

拾った糸がデロ~ンと伸びるのが嫌いなので、ひつじのまーこはこの方法を使ったことはありません。だから、この方法についてはコメントできないなぁ・・・

この方法で、拾って細編みを編んでみると、こんな感じになります。

鎖の半目をすくった場合の編地

鎖の裏側の山だけ拾う

鎖を向こう側にひっくり返すようにして、見えてくる裏側の山に手前から針を入れて拾います。

鎖の裏山の拾い方

鎖のハの字が崩れないので、反対側からも目を拾う時にはわかりやすいし、たとえ反対側を拾わなくても、端のラインが綺麗にみえる。

反面、

一本しか拾わないので、数目ごとにとばして拾う時は、目が伸びやすく、その部分の鎖のハの字が極端に小さくなってしまう。

という残念な面もあります。

この方法で、拾って細編みを編んでみると、こんな感じになります。

鎖の裏山を拾った場合の編地

鎖を束で拾う

毛糸を編む時はあまり使わない方法ですが、クロッシェレースでは、登場の回数が結構多いです。特に、鎖で輪を作って始める場合は、大体この方法になります。

やり方は、鎖の目を一切無視して、鎖の下に針を入れ、糸を掛けて引き出します。

束で拾う

小さいところ(目)に針を入れなくてもいいので、早く、楽に編める。

のですが、固定されていないので、

編んだ目が偏ったり、思った位置とは違うところに目が行ってしまう。

などの欠点もあります。

個人的には、編地をしっかりと見なくても編めるので、目に優しい編み方だと思っています。だから、書籍などにこの指定があるとルンルンしてしまいます。

「鎖から拾う」と言っても、こんなにも拾い方があるなんて・・・面倒ですよね。でも、”○○の方法で拾いましょう”と書かれていない場合は、自分のやりやすい方法で拾えばいいと思います。気楽に出来るのが一番ですからね。


あとがき

記事に差し込んだ写真ですが、本当はクロッシェレースのための解説なので、レース糸でやりたかったんです。でも、細すぎて、上手く撮影が出来なくて・・・致し方ないので、太めのアクリル毛糸を使いました。毛糸だから仕方ないけど、

ちょっとした毛羽立ちが気になる!!!!

白い毛糸は濃淡がつきにくくて、わかりにくい!!!!

自分の限界を感じてしまいました。


取り上げた書籍