レース糸とレース針の関係

クロッシェレースのイメージ画像 基礎知識(クロッシェレース)
ホアン
ホアン

マーコにレース糸もらったけど、どのレース針で編んだらいいかわからないよぉ!

まーこ
まーこ

好きな号数で編めば?

ホアン
ホアン

そんな、いい加減なことでいいの?

まーこ
まーこ

大丈夫、大丈夫。

出来上がりがちょっと大きくなったり、小さくなったり、ダレたりするだけだよ。

ホアン
ホアン

そんな風にしたくないから聞いてるのに!

糸と針の関係

ホアンに、答えるのが面倒で、ちょっといい加減なことを言ってしまいましたが・・・・、

レース糸とレース針の一般的な関係

クロッシェレースを作る時、レース糸とレース針のペアはそれなりに決まっています

具体的に見ていきましょう。

レース糸の太さ レース針の号数
8番 0号または2号
18番 3号または4号
20番 5号または6号
30番 7号または8号
40番 8号または9号
50番 10号または11号
60番 11号または12号
80番 12号
100番 14号

これが、一般的に適当と言われている糸と針の関係です。

綺麗に編めない!

が、妄信してはいけません!

人によっては、この表通りのレース糸とレース針を使ってもきれいに編めない場合があります。

それは、人によってテンションが違うからです。

 

テンションというのは、糸を引く強さのことですが、これが曲者で、一定に保つのが難しい上に、一度癖がつくとなかなか治らなかったりします。

初心者は、極端に糸を強く引いたり、弱く引いたりしがちです。また、日によってテンションが変わりがちです。

なので、上記の表通りの選択をしても、上手に編めなかったりします。

 

そんな時は、出来上がったものをじっくりと観察し、編んだものが、

硬くなっている場合は、より太い

緩くなっている、ダレている場合は、より細い

で編みなおすことをお勧めします。

もちろん、一般的な糸と針の関係で編めるように、自分のテンションを変えるべく、練習し続けるという選択も出来ますけどね。(ひつじのまーこ的にはこの選択をしてほしいですけど)

スポンサーリンク

どっちを選べばいいの?

さて、先ほどの表をもう一度思い出してみてください。

何か気づいたことがありませんか?

レース糸の番号は一つなのに、レース針の号数が二つ書かれていたことに気づきましたか?

例えば、40番のレース糸は8号、または9号で編むように勧められていました。

 

こんな風に書かれたら、初心者は悩みますよね。

「どっちの方がより良いの?」って…

 

答えは、「人による」です。

 

緩く編みがちな人や、硬く編みがちな人がいます。

ですから、レース針の号数に幅を持たせてあるのです。

また、作品によっては、緩く編みたかったり、硬く編みたかったりします。

それらを叶えられるように号数に幅を持たせてあるともいえます。

 

分からなくなりましたか?

要は、先ほどご覧いただいた表にあるレース糸とレース針の関係は、あくまでも『一般的』な関係であって、『絶対的』な関係ではないのです。作り手の癖と感性、要望に従って、より望ましい針を選択して作ってください、ということなのです。

自分が緩く編みがちだと思ったら、より細い号数の針を選択すればいいですし、硬く編みがちだけど、カッチリと編み上げたいと思うのであれば、より細い号数の針を選択してもいいわけです。

全てあなた次第。お好きなようにレース針を選んでください。

 

この辺を説明し始めると、とっても面倒なので、ひつじのまーこはホアンにいい加減な答え方をしてしまったのですが・・・、

皆さんは、今回の説明で少しは納得していただけましたか?

結局、どのレース針を選べばいいの?

  • 初心者で、自分が硬く編みがちか、緩く編みがちか、わからない。
  • 作品を柔らかく仕上げ方がいいのか、硬めに仕上げた方がいいのかわからない。

「自分の癖がわからない。希望がわからない」 そんな方々にとっては、今回の話は混乱をもたらすだけでしょう。

 

ですから、最後に、レース針の選択に悩んだ時のとっておきの裏技(?)を紹介いたしましょう!

レース糸のラベルをご覧ください

そこに答えが書かれています。

『レース針 〇号~△号』

二つ書かれていたら、手持ちの針で編み始めましょう。

両方の号数の針を持っていたり、今から針を購入する場合は、とりあえず太い方の針で始めましょう。

 

まず、失敗はないはずです。

とりあえず、編み始めてみることが大事ですよ。