バテンレースの道具

バテンレースのイメージ画像 基礎知識(バテンレース)
ホアン
ホアン

バテンレースを作る時には、何が必要なの?

まーこ
まーこ

道具自体は、特別なものは必要ないよ。型紙と、土台、針と、作業台だけだよ。


バテンレースの道具

バテンレースを始めるにあたって、揃えてほしい道具は、特別なものはありません。家にある、あるいは、文具店や手芸店で手に入るものだけで作れます。

では、詳しく見ていきましょう。

型紙用の紙

これがないと始まりませんが、いくつか条件がありますので、紹介しましょう。

  1. 型紙用の紙は薄めのコピー用紙ぐらいまで、それ以上の厚みの紙は避けてください。
  2. 理想は、和紙。障子紙などでも大丈夫ですが、最近の障子紙は、プラスチック製だったりするので、張りのないうすめのものを用意してください。
  3. 図案を描いたり、写し取る時は、油性・水性のサインペン濃いめの鉛筆などを使いますが、デザインが紙の裏から見ることが出来なければいけません。見ることが出来なかったら、用紙を変えなければいけません。

型紙の台紙になるもの

バテンレースの書籍には、図案を写した紙と同じ紙を2~3枚用意し、台紙として使うように書かれています。

が、ひつじのまーこは、違うものを用意しています。それは、洋裁などで使う、アイロンで接着できる厚手の接着芯です。

接着芯なら、アイロンで簡単に型紙と張り合わせることが出来ますし、柔らかくしなってくれるので便利です。

針類

針は、3種類、必要です。

待ち針

頭が小さめの方が使いやすいですが、手持ちのもので大丈夫です。

かがり用の針

クロスステッチ用刺繍針のように針先の丸い針

しつけ用の針

型紙と台紙を刺すので、木綿針がいいでしょう。

作業用ボード

かがりをするときは、両手がフリーになっている必要があるので、バテンテープを縫い付けた型紙を固定するためのボードが必要になります。

  • 待ち針などを刺すことが出来る
  • 作業できるだけの広さがある

ものであれば、材質等は問いません。

スタイロフォームの上にフェルトなどを張ったものが望ましいですが、なければ、アイロン台で代用できます。

その他

他にも、用意した方がいいものがあるので、挙げておきます。

ここに挙げたものは、ハンドメイドを趣味にしている人だったら、普通に持っていそうなものばかりです。

  1. 筆記用具(図案を写すために使います。油性のサインペン、水性のサインペンなど
  2. 糸切りハサミ
  3. 毛抜き(しつけ糸を取るために使います)
  4. アイロン

これら以外に、手芸用ボンド、メンディングテープ、メジャーなどもあった方が便利かもしれませんが、必須ではありません。


以上、バテンレースを作るために必要とされている道具類を挙げました。

もちろん、バテンテープやかがるための刺繍糸なども必要ですが、それらは道具ではなくて材料ですから、今回は取り上げていません。

画像などを載せた方が良かったかもしれませんが、特別なものはないのでやめておきました。

今後、バテンレースの作り方などの記事で、画像を載せることもあるかと思うので、それらを参考にしてみてくださいね。