バテンレースでの糸始末

移動する際のテープ中心の糸の動き 基礎知識(バテンレース)

ひつじのまーこがバテンレースを習っているとき、とっても困ったのが糸始末の仕方。

どの本にも書かれていないんです。

仕方ないので、先生に尋ねたら・・・

「好きなようにやっていいよ」

と言われてしまいました。つまり、ルールがないんですよね。

 

外国製のバテンレースの作品を見ると、あっちこっちから糸がピロピロと出てきているし、かがるスペースとスペースの間には糸が渡りまくっていて、気をつけないとその糸に指を引っかけてしまいそうだし・・・という状態でした。

まあ、このようにしておけば、表裏がわかりやすくていいと言えばいいような気もしますが・・・・

でもね、刺繍の場合だと「表をどれほど綺麗に仕上げても、裏が汚いと問題外!」みたいな言われ方をするのに、ちょっと納得がいきません!

 

ということで、ひつじのまーこは少しでもきれいに仕上げられるよう独自のルールに従ってかがっていました。

完璧な形ではないですが、紹介していきますので、皆さんが綺麗に仕上げるための参考にしてみてください。

開始時の糸の始末の仕方

1.かがりを始めたいところから、1~2㎝程離れたところに針を入れます。

この時、針に通した糸(かがり用の糸)には玉結びはしません。なので、勢いよく針を引っ張ると当然抜けてきますから、慎重に引いてください。
糸端(下図:ピンクの線)を1cm程残した状態になるまで、引きます。

2.かがりを始めるポイントまで、バテンテープの端を巻かがりをしながら移動します(下図:オレンジの線)が、その時、「1」で残した糸端(下図:ピンクの線)も一緒に巻き込むようにしながら移動します。

開始時の糸始末の仕方

※糸端を残しすぎて、開始地点まで巻いていったときに飛び出てしまっていたら、ハサミで切ります。かがりを始める前でも、かがりを始めた後でも構いませんが、大事な糸を間違えて切らないようにしてくださいね。

終了時の糸の始末の仕方

1.バテンテープの端を1~2㎝程巻かがりします。(下図:オレンジの線

この時、開始時の時ように糸端を入れながら巻くことが出来ないので、ただ、巻いていくだけです。が、かがりの途中で移動するために巻かがりをする時よりは緩めに巻いていきます

2.「1」で巻いた糸の中に針を入れ、終了地点まで戻ります。(下図:ピンクの線

巻いた糸を絶対に、割らないように気をつけてください

終了地点の糸始末の仕方

3.緩めに巻いた糸を引き締めるように、針を引いていきます。

巻いた糸に通すために戻ったところにできるループ(上図:黄色の点)を針先などで持って、糸を引くようにすると巻いた糸とその中に通した糸と両方が綺麗に引き締まっていくと思います。慣れないうちは少々難しいかもしれませんが、頑張ってみてください。

4.糸を切ります。

かがった糸などを切らないように細心の注意を払って切ってくださいね。

移動の仕方

かがりの糸は、テープの中を何度も出し入れすると毛羽立ちますし、かがり方によっては撚りがほどけてきたりするので、長くせずに、一つのスペースで使い切るようにした方がしいのですが、

かがるスペースが小さかったり、途中で足したために、そのスペースをかがり終わった時に糸が長く残ってしまうこともあります。

そんな時は、バテンテープを横切り、次のスペースまで移動します。

移動する際の糸の動きを示した図

1.終了地点(上図:赤い点)からスタートし、バテンテープの真ん中の透けているところの手前に一刺しします。(上図:オレンジの点

当然ですが、次にかがりたいところ(上図:赤で囲んだ茶色い点)の方向に向かいます。

2.透けているところを斜めに横切り、バテンテープの反対側に一刺しします。(上図:黄緑の点

バテンテープは、中心部分が斜めにクロスしているので、その糸の上のなぞるように糸を渡す(下図:緑の矢印)ために斜めに横切ります。真横に横切ってしまう(下図:黄色の矢印)と表から移動している糸が見えてしまうので斜めに渡すのです。ひつじのまーこは見たことがないですが、中心部分が透けていなかったり、透けた部分の糸が真っ直ぐに横切っている場合は、その糸に沿うようにしてください。

移動する際のテープ中心の糸の動き

3.もう1本バテンテープがある場合は、次のテープの真ん中に一刺し(上図:黄色い点)、「2」と同様に中心部分を渡ってから、2本目のテープの端に一刺しして(上図:ピンクの点)移動し、そこからさらにテープの端を巻かがりをしながらかがりを始めたいところ(上図:赤で囲んだ茶色い点)まで移動します。

※ テープが1本しかない場合は、最後に刺したところから、かがりを始めたいところまでバテンテープの端を巻かがりをしながら移動します。


今回も、動画を用意しました。良かったら参考にしてみてください。


あとがき

最初にも言いましたが、これらのやり方は、ひつじのまーこ流のやり方で、正式なものではありません。やりにくかったり、理解できなかったり、あるいは、もっといい方法があるなら、このやり方にこだわる必要はありません。

というより、ひつじのまーこは、皆さんがやっている独自の方法があるなら、是非、教えていただきたいです。

きっと、もっといい方法があると思うんだけどなぁ・・・