棒状のかがり(4)

コロン(円柱) 基礎知識(バテンレース)

今回は、『千鳥かがり』の応用編ともいえるかがりを紹介します。

タイトルに、『棒状のかがり(4)』としてありますが、あまり「棒状」とは言えないかもしませんが・・・・この仲間に入れてしまいました。

千鳥かがりの変形したかがり

コロン(円柱)

ひつじのまーこは、この名前からは出来上がりが想像できなかったのですが・・・

「千鳥かがり」のように左右(あるいは上下)に糸を渡すのですが、一方は千鳥かがりのやり方で、もう一方はツイストのやり方でかがっていきます。

コロン(円柱)

かがり方

千鳥かがり側、ツイスト側、どちらから始めても構いませんが、千鳥かがり側から始めるやり方で説明をしていきます。

1.千鳥かがりをするつもりで、テープ(または、コード)に針を刺して引き出します。

千鳥かがりは、左から右にかがっていく場合は、「糸が右、針が左」になるようにかがります。

2.反対側に針を刺しますが、この時、ツイストステッチの時のように上から針を入れ、「糸が左、針が右」になるように引き出します。

針と糸の位置関係が、「1」の時と反対になるので気をつけてください。

もし、うっかり「1」と同じようにしてしまっても大丈夫です。次の工程の糸を絡める回数を1回分多くすれば問題ありません。

3.「2」で渡した糸に、左から2回以上糸を絡めます。

4.「1」~「3」を繰り返します。

巻く回数にもよりますが、ツイストの方が長くなるので、『円柱』っぽく見えるから、この名前になったということでしょうか・・・

千鳥かがりやツイストのやり方を忘れてしまった方は、動画をご覧になった方がわかりやすいかもしれません。

千鳥&ボタンホールSt.

千鳥かがりをした後、真ん中のジグザグ部分を適度に残して端の部分にボタンホールステッチをしたかがり方です。

千鳥かがり&ボタンホールSt.

かがり方

1.通常の千鳥かがりを少し広めの間隔でします。

2.最後に千鳥かがりをしたところのすぐ際に針を入れ、千鳥かがりの終了地点から糸を渡します。

糸が2本平行して渡った状態になります。

3.ボタンホールステッチをしていきます。

千鳥かがりの糸が2本、今渡した糸が1本・・・・計3本の糸があると思うので、この3本を芯糸にしてかがります。

4.適度な長さになったら、次の場所(千鳥かがりを逆に進んだところ)に針を刺します。

千鳥かがりを刺した左側のすぐ際に刺します。

5.「3」~「4」を繰り返します。

6.千鳥かがりを始めたところに戻ったら、終了です。

本当なら、図を示した方がわかりやすいのでしょうが、正直このかがりについてはひつじのまーこは自信がありません。というより、間違って覚えているかも・・・

なので、図は省略!

でも、さすがに文章だけではわからないでしょうから、ひつじのまーこが実際にやっている動画を作っておきました。興味のある方は、ご覧になってください。

 


あとがき

この辺になると、ひつじのまーこが使わないかがりなので、かがり方もあやふや・・・・本当に正しい説明が出来ているのか、正直不安です。できれば、他の方にお任せしたい!