くもの巣かがり(2)

基礎知識(バテンレース)

前回は、くもの巣かがりをするための土台の作り方を取り上げました。

今回は、土台にどのようにかがっていくのか、解説していこうと思います。

様々な『くもの巣かがり』

オーソドックスなくもの巣かがり

『レース専門コース バテンレース』という書籍でスピンホイールという名称で紹介されているかがり方です。前回、土台の作り方の参考になるように紹介した動画の後半でかがっているのがこのかがり方です。

かがる系のレースを習った人が『くもの巣かがり』と言われた時に、頭の中に浮かぶのがこのかがり方なので、ひつじのまーこはこれをオーソドックスなくもの巣かがりと称してみました。

かがり方

かがり方は、かがる系のレースに慣れた方なら簡単です。土台の中心部分から外側に向かって、自分の好みの大きさになるまでダーニングをしていくだけです。

ただ、土台の柱の数が偶数の時は、「上-下-上-下・・・」と繰り返すだけでは、かがる糸が上しか通らない柱と、下しか通らない柱が出来てしまいます。こうなると(くもの巣部分の形が)安定しないので、一部柱をセットにするなどの工夫をして、周ごとにかがる糸が通るところが変わるようにしなければいけません。

柱の数が奇数の時はこのような工夫は必要ないので、ひたすら「上-下-上-下・・・」と繰り返すだけで、出来上がります。

詳しい作り方は、前回紹介した動画で確認してみてください。

ノットを使ったくもの巣かがり

『レース専門コース バテンレース』という書籍でノット・スピンホイールという名称で紹介されているかがり方です。

中心から外に向かってかがっていくのは、オーソドックスなくもの巣かがりと同じですが、ダーニングは使いません。

なお、このくもの巣かがりは、柱に糸を絡めない方法で土台を作った場合、柱の1本だけに糸が絡む形になってしまうので、柱に糸を絡める方法で土台を作ることをお勧めします。

かがり方

1.まず、土台の中心(=柱の糸が交差しているところ)にノットを結びます。

テネリーフレースのノットの説明の時に、4種類のノットを紹介しましたが、これらのどのノットを使って結んでいただいても構いません。ただし、一度決めたノットは最初から最後まで変えないでくださいね。

2.糸を絡めていない柱にノットを結びます。

中心から少し(2㎜弱)離した位置に結びます。中心から出ている糸が緩んだりつれたりしないように気をつけてください。

ノットで作るくもの巣かがりのノットの結ぶ順番

3.選んだノットの種類によって、反時計回りあるいは時計回りに回りながら、それぞれの柱に1つずつノットを結んでいきます。

「2」で結んだ位置(中心からの距離=ピンクの線)と同じ位置(距離=ピンクの線)に結ぶようにします。また、前のノットと結ぼうとしているノットとの長さにも気をつけてください(円を描いている赤い矢印)。短すぎると柱が曲がってしまいますし、長すぎるとノットの間の糸がたるみ、くもの巣らしさが損なわれてしまいます。

4.一周まわったら、最初に結んだノットに針を入れ、円を完成させます。

5.「2~4」を繰り返します。

 

このくもの巣かがりで、問題になるところは、一周終わって次の周に移る時です。最初に結んだノットに針を入れると説明しましたが、このようなやり方をすると、最初のノットが緩み、位置が変わってしまうことがあります。(ひつじのまーこはノットが苦手なので、特に緩んでしまいます

このようにならないために、ひつじのまーこは最初のノットは結ばずに、必要な長さだけ糸を残して、次の柱から結び、一周まわってから本来先に結ぶはずだったところに残した糸と共にノットを結んでいます。(上の図の薄い水色の丸で示したノットがこの最後に結ぶノットです

 

文章での説明では、????という感じでしょうから、興味のある方は動画で確認してみてください。


あとがき

今回の一連の記事で紹介したい『くもの巣かがり』はもう一つあります。が、ちょっと長くなってしまいまったので、次回、解説していこうと思います。

なお、名称については、団体や人ごとに呼び方が違っているので、ひつじのまーこが勝手に呼んでいる名前で紹介しています。同じ形のかがり方を別の言い方で表現している方はご自分が使用している名前で読み替えながら、読み進んでくだされば幸いです。ご面倒でしょうが・・・