エビコードでの糸始末の方法と、バテンレースの仕上げ方

ダブル&シングル+トリプル 基礎知識(バテンレース)

エビコードでの糸始末

エビコードを使ったときは、バテンテープを使った時のような糸始末の仕方はあまりしません。エビコードは厚みがあるので、糸を中に閉じ込めておくことが可能です。ですから、スルッと抜けてこないように、「コードの糸に、かがりの糸をちょっとからませた後

エビコードでの糸始末の仕方1

エビコードでの糸始末の仕方2

コードの中に数センチ通して」始末します。

エビコードでの糸始末の仕方3

通した後の糸は、出来るだけエビコードの際でカットします

 

作品の表と裏

結論を先に行ってしまうと、

エビコードで作品を作った時は、見えている側を表にします。

だから、糸始末した糸を出来るだけエビコードの際でカットするのです。

 

以前に、書いたかどうか記憶にないのですが、

バテンテープで作品を作った時は、見えている側が裏です。

 

理由については、明確な答えを聞いたことがないのでわかりませんが、糸始末をする時は、注意しましょうね。

型紙から作品を外す

バテンテープで作っても、エビコードで作っても、外し方は一緒です。

型紙を裏から見ると、

型紙の裏から見た写真

バテンテープを使った方はラインを横切るように、エビコードを使った方は、ラインに沿うように、仮止めをした糸が渡っています。

 

作品を型紙から外すときは、これらの渡っている糸を、ハサミで切っていきます。(もちろん、型紙を切らないように細心の注意は払ってくださいね)

そして、ちょっと面倒ですが、糸を1本ずつ引きぬいていきましょう。この時、指で抜いていっても構いませんが、毛抜きなどを使うと、気持~ち、楽に出来るような気がします。

かがっている最中に糸を割らないように気を使っていっても、夢中になるあまり、糸を割ってしまって、なかなか抜けない・・・なんてことが少なからずあるので、毛抜きは便利ですよ。

 

最後の仕上げ

作品を無事、型紙から外したら、作品にしつけ糸が残っていないか確認しましょうひつじのまーこは、思いもよらないところに残っていたことが結構あります。(だから、ひつじのまーこはバテンテープやエビコードと違う色の糸でしつけをします。この時に、見つけやすいですからね)

 

しつけ糸をきれいに取り除いたら、アイロン台に作品を裏向きにおいて、蒸気アイロンをかけます。多くの場合、かがり糸は綿糸を使用するので、蒸気をかけると安定します。バテンテープと綿糸、綿糸で編んだエビコードと綿糸を使った場合は、高温でかけても大丈夫です。

※ 使用したのが綿糸でない場合などは、作品の上にあて布をしたり、中温以下の温度でかけてください。

すぐに動かすと、せっかくのかがりがゆがんでしまうことがあるので、そのまま、半日ぐらい置いておきましょう。

 

また、「せっかく作ったものだから、日常使いする」という方は、蒸気アイロンではなく、スプレー糊などをして、普通のアイロンをかけた方が汚れ防止になるので、お勧めです。

ただし、ひつじのまーこのように作品はしまっておくだけ、という方は、絶対に糊付けはしないでくださいね!黄ばみの原因になります。


あとがき

とりあえず、バテンレースの作品を作れるように、基本的なことは解説したと思うのですが・・・もし、説明が抜けていて、作れない、ということがありましたら、ご連絡ください。追加で、ご説明申し上げます。